多汗症のメカニズムとは

多汗症のメカニズムを知っている人は、それほど多くはないようです。
強いストレスや緊張状態が続いた時の汗を精神性発汗といいますが、これは脇の多汗症の原因の一つに数えられます。

 

脇の多汗症は、精神的発汗の中でも限定されたから過剰に汗が出る、いわゆる局所性多汗症の一種です。
手のひらや足の裏、顔面などの場合もあります。

 

汗をかきやすくなるのは、交感神経の作用で汗腺の働きが活発化することが原因ですが、不安や緊張、ストレスなどによって交感神経の働きは強くなる傾向があります。

 

神経質な人や緊張しやすい人、几帳面なところがある人などは精神的発汗によって汗をかきやすいと言われています。
多汗症の原因には、ホルモンの失調などの自律神経の乱れも関係しています。

 

ホルモンの分泌をコントロールしている器官は自律神経をコントロールしています。
そのため自律神経の働きが乱れ、体温調節機能が低下することで、脇の多汗症になってしまう場合があります。

 

更年期が原因でと女性ホルモンの分泌量が減少して同じようにホルモンバランスが崩れてしまい、脇の多汗症になる原因になることもあります。
たばこやコーヒー、辛いものなど生活習慣や食生活が原因となることも脇の多汗症にはあります。

 

交感神経は活動が活発になると体内の汗腺を刺激し発汗を促しますが、緊張や不安だけでなく、ニコチンやカフェインなどの刺激物も交感神経を刺激する作用があります。
これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。

多汗症の原因や治療法などについて記事一覧

 

多汗症とは、書いて字の如く、汗の分泌量が人より多いことを言います。多汗症であるかないかの境界線はあいまいですが、一般的には気温や運動等とは関係なく汗をかくことを指すと考えて良いでしょう。他の病気の影響で多汗症になる場合と、精神的な理由で発汗量が増えて多汗症になる場合とが考えられます。体内の代謝機能や自律神経機能の健康が損なわれている場合、全身の発汗症状という形で多汗症に似た状態になることがあります...

 
 

脇の多汗症の対策を考えてみましょう。まず、不安感や緊張を解きほぐし、リラックスを心がけましょう。精神性発汗での多汗症は、マインドコントロールが大事です。思い詰めず、ストレスをため込まないように心がけることも必要です。脇の多汗症対策には、食生活も見直してみるのもおすすめです。辛いもの、動物性脂肪の多い肉類、冷たいものを避けることです。タンパク質は体温を上昇させ、汗をかきやすくする物質です。また、動物...

 
 

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。ボトックス注入法を行うと効果があるのは、手のひらの多汗症がある人、多汗症でもにおいはそれほどない人、そして季節によってはひどくないときもあるという人です。アポクリン...