多汗症の治療方法についてご紹介します。

多汗症をきちんと治療する場合は、汗が多量に出る部分を切開し、汗腺を完全に取り去る汗腺除去法が施されます。体にメスを入れるということに抵抗のある人もいるでしょうし、またそれほど重症の多汗症ではないという人は、ボトックス治療がいいでしょう。ボトックス注入法を行うと効果があるのは、手のひらの多汗症がある人、多汗症でもにおいはそれほどない人、そして季節によってはひどくないときもあるという人です。アポクリン汗腺の作用を押さえ込むことは無理なので、ワキガ自体は治療できませんが、ボトックスによって汗の量はずいぶん抑えられます。汗のにおいの元である、雑菌が繁殖することを防ぐことができるので、においも減らせるでしょう。多汗症のボトックス治療では、多量に汗が出るというところに、ボトックスを直接注入します。アレルギーもまず心配する必要はなく、5〜10分くらいで施術してしまえるため、診察に行ったその日に受けることもできます。ですから入院したり後の通院の必要もなく、術後の痛みや腫れもほとんどないので、その日から普通の生活ができます。お風呂に入ることもできますし、会社や学校にも行くことができます。施術直後は変化はありませんが、数日〜1週間で効果が現れ始めます。ボトックスによる治療とレーザー治療を組み合わせることで、汗の量と共に細菌の繁殖も抑えられます。多汗症と同時に汗の臭いや上着の黄ばみなどを抑えることもできます。

 

多汗症の治療について

 

症状によっては、医者の診療を受けなくても多汗症を緩和することは可能です。多汗症であることを気に病まないことも治療の一環ですので、多汗症との診断が下っても生活に問題がなければそのまにしておくという方法もあります。ただし、発汗の原因がはっきりしていない状態なら、一度は病院に行ってみた方がいいでしょう。多汗症ではないかと勝手に自己判断をして鬱になってしまってもよくありませんし、発汗が何らかの病気のシグナルだった場合は見落としてしまうような事態にはなりたくないものです。病院であなたは多汗症ですと診断されるまでは、大量の汗をかく人でも多汗症ではありません。多汗症の治療だけを目的とせず、晴れやかな気持ちで日常を送る為にと病院に出向いてみてはいかがでしょうか。医療行為によって多汗症を治療する場合、取られる手段は手術、メンタル治療、内科治療などです。手術内容は大きく分けて2つです。交感神経を切除することで、多汗症を治療することができます。この手術は、手足の多汗症完治に絶大な効果を発揮しますが、他の部分の発汗量が増加してしまうという問題点があります。脇の下の多汗症治療には、超音波で汗腺を取るというものもあり、これはワキガ解消にもなります。傷跡が目立たず後遺症も少ないのが利点です。いくらリスクが低い多汗症の手術といっても手術には変わりありません。どうぞ多汗症の手術を検討される際は十分に検討するようにしましょう。

 

脇の多汗症手術にはボトックス注射

 

脇の多汗症を治療する方法として手術を行うという選択肢もあります。ボトックスという薬剤を脇の下に注射する手術では、一定期間発汗を抑えて多汗症の対策ができます。手術が必要な多汗症かは、じっくりと考えましょう。施術を受ける前に、どのようにしてボトックス注射が多汗症を抑えているのか、費用や効果期間について等のカウンセリングを受けて決断したいものです。脇の多汗症手術の種類としては、ボトックス注射があります。ボトックスの働きによって神経伝達の一部をブロックします。これにより交感神経からの発汗作用が抑制されます。多汗症が気になる部分にボトックスを注入するだけで、30分とかかりません。ボトックスを脇の下に注射することになりますが、術後の痛みはほとんど伴いません。治療時間も短く済みますし、メスを使わないので痕も残りません。しかし、ボトックス注射にも欠点が全くないわけではありません。効果持続期間は数ヶ月から長くて1年ほど、多汗症が完治するわけではないということがボトックス注射のデメリットです。ボトックス注射で注入するボツリヌス菌という医薬品は世界でも厳しいといわれているアメリカの安全基準でも認められているため安全性が高いのも特徴です。ボトックス注射を行うかどうかは自分自身でどの程度、脇の多汗症の治療をしたいか考慮して決めることが大事です。

多汗症の治療法について紹介します。関連ページ

多汗症の症状とは
多汗症の症状についてご紹介します。自分が多汗症なのか判断の材料にされてください。
多汗症対策について
多汗症の対策方法について