汗を抑える方法と、汗を臭わなくする簡単な方法について

汗かきの女性

脇汗は臭いも気になりますよね。できれば悩まずに快適な毎日を送りたいものです。

 

では具体的に脇の汗を抑える方法とはどんなものがあるでしょうか?

 

汗をかいた後は雑菌や皮脂が混ざり合った状態になります。すぐに汗ふきシートでふき取っておくといいでしょう。
また汗をかいたすぐ後は臭いがまだ発生していません。時間が経ってからですと雑菌と皮脂が混ざり合ってしまうので臭いが出てきてしまいます。

 

汗をかいたと思ったらすぐに汗ふきシートでこすって拭いておくという習慣にするといいですね。

 

汗をかくスポーツをする前にもふき取っておくと、さらさらな状態でいられます。汗を抑える制汗スプレーなども数多く出ているので鞄の中に常備しておくといいでしょう。
汗が出てから使用するのではなく、前もって汗をかきそうな時にスプレーをしておけば臭いの発生を元から抑えてくれるので安心できます。

 

また普段着ている衣服にも気を付けるといいでしょう。できるだけ通気性のある素材を選び、抗菌作用があればなお汗の臭いを気にしなくて済みます。特に湿気の多い時期や夏場は着替えを持っていくなどするといいですね。こまめに着替えをしたりすれば常に肌は清潔でいられます。雑菌や細菌をいかに増やさないかも大切です。

 

他にツボを押して汗を抑えるという方法もあります。手のひらの真ん中にある、労宮ろうきゅうというツボは緊張を和らげたりしてくれるので精神的に汗をかいてしまう人にはもってこいのツボです。親指と人差し指の真ん中にある、合谷ごうこくといわれるツボは、新進代謝を正常にしてくれる働きがあるので汗を抑えるにも適しています。小指の少し下にあるツボ、
後谿こうけいは熱を鎮める効果がありますので汗をかいた時に効果的なツボとなります。
もうひとつは、うちくるぶしとアキレス腱の間から指二〜三本上にあるツボ、復溜ふくりゅうといわれるツボで汗を抑える効果が期待できます。

 

色々な事をやっても効果がない人は、ツボなどもやってみるといいでしょう。なにしろ副作用が無く、どこでもどんな場所でもできるのでおすすめです。

 

また効果的な方法として、身体のリンパ節を冷やすというやり方があります。体内を駆け巡っているリンパ節や血液を冷やすことで体温の上昇が抑えられるため汗をかきにくくなるのです。場所は主に身体の付け根になっている部分です。首の後ろや鎖骨の下、脇の下、膝の裏や腿の付け根です。前もって冷やしておけば必要以上に汗をかかなくなります。汗が大量に出やすい人は冷却湿布などしておくといいでしょう。
以上の事で汗は自分でも抑えられますので、実践してみるといいでしょう。