脇汗防止の注射についてご紹介します。効果や治療費はどうなのでしょうか

脇汗防止のための注射で一般的なのはボトックスがありますよね。ボトックスという言葉はよく耳にするかと思いますが、知ってました?ボツリヌス菌の毒素を体内というか脇に注射するみたいですよ。毒素を体内に注入すると知って、ちょっとためらう人もいるかと思います。ですが、国で認可され2012年には保険適応となっているのであれば、安全性も問題ないと考えていいのではないでしょうか。脇汗を止められるなら止めたい…でも身体に目立つ傷はつけたくない、手術まではしたくないって人がこの治療法を選択しているみたいです。

 

ボトックス(ボツリヌス療法)は、ボツリヌス菌の毒素を脇に注射する事でエクリン腺の活動を抑制する働きがあります。もっと簡単に言うと、汗の分泌自体を抑える治療法です。効果はと言うと半永久的ではないのが残念ですよね。定期的に病院やクリニックを受診して注射をしなければならないのですが、定期的と言っても年に1〜2回の受診でいいみたいですよ。注射自体も5分程度で終わるので、仕事帰りでもできる事からやっている人が結構いるみたいです。痛みも採血程度の痛みなので、少しくらい我慢できますよね?(笑)

 

また、効果の中には脇汗を抑えるだけでなく、臭いも抑えてくれるとなると「やりたい!」と思う人も多くなるはずです。臭いに悩まされている人も結構多いと聞いたので、魅力的な治療法と言えますよね。

 

そうなると、次の問題は料金ですよね。いくら保険適応で3割負担と言っても、1回の治療にかかるお金は3万円くらいが相場のようです。これを年に2回でも6万円かかる計算になります。短時間で終わる簡単な注射と言っても、副作用やリスクがない訳ではありません。

 

脇汗手術は高くても10〜30万円で半永久的に汗をかかなくなる考えると、ボトックスは簡単にできる反面、お金に余裕がないとできない印象になりますね。どう考えるかはあなた次第ですが、年に2度の受診も面倒と思ってしまう私なら、今からでもへそくりとして貯金して手術をした方が割安と考えられる気がします。あなたならどうしたいですか?