体臭と食事の関係を再度オサライしておきましょう!

揚げ物

体臭は普段あなたが口にしている食べ物と大いに関係があります。

 

人間の体にある汗腺のうちのアポクリン汗腺と言う汗腺から分泌される脂肪や、皮脂腺から分泌される脂肪酸が体臭の原因となっていることが多いのですが、その中で皮脂腺から分泌される物質が原因の場合は、食生活を改善すれば体臭が軽減される可能性が高いようです。

 

体臭のもとになるものは動物性脂肪や動物性タンパク質などが消化された時に出来る代謝物です。
大腸まで送られたタンパク質は細菌によって分解され、腐敗してさまざまなにおい物質を作り出します。

 

腸内細菌はその働きによって善玉菌と悪玉菌とに区別されていますが、この内の悪玉菌と呼ばれているウェルシュ菌や大腸菌は、タンパク質を分解してアンモニアやアミン等を作り出します。これは体臭だけでなく、いろいろな疾患の原因ともなってしまいます。

 

肉類(動物性タンパク質や脂肪)はにおいのもとになりやすいので、出来れば控えるようにすると良いでしょう。
また食物繊維はにおいの元となる物質を排出してくれるので意識して摂るようにすると良いでしょう。食物繊維は、便を作るために重要なものですし、におい物質を抱え込んで体外に排出してもくれます。

 

さらに、食物繊維は腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるので、悪玉菌の働きを抑制することにもなり、タンパク質の腐敗が予防出来、におい物質が作られるのを抑制する効果があります。
善玉菌は、ゴボウ、玉ねぎ、大豆などに多く含まれる「オリゴ糖」も栄養分としています。これらは食物繊維も多く含んでいるので、食物繊維とオリゴ糖とがセットで摂れる食品として、とても良い食材ですね。

 

つまり、まとめますと、体臭を発生させないようにする対策としては、肉類を減らし、ゴボウ、玉ねぎ、大豆などの善玉菌を増やす食品を摂るようにする。と言うことですね。
長年続けてきた食生活を変えると言う事は、なかなか大変なことですが、出来ることからで良いので、少しずつ始めてみてください。