妊娠中に体臭がきつくなったと感じる方もいるようですが、その原因について

妊婦さん

妊娠をすると体臭がきつくなるそうですが、体臭に悩んでいる妊婦さんは多いのでしょうか。
妊娠中に体臭がきつくなる原因としては「便秘の症状が増える」、「新陳代謝が活発になって、汗などの分泌物の量が増える」、「肝機能障害、腎機能障害、糖尿病がある」などがあげられます。
妊娠するとホルモンバランスが変化したり、つわりで食事が出来なくなってしまったりすることが原因で便秘を起こしやすくなります。
また、赤ちゃんの成長に伴い、子宮も大きくなるので、それで圧迫されて腸の動きが鈍くなったり、便意を感じにくくなったりしてしまう事が原因で便秘になることもあります。

 

また、妊婦中はお腹の中の赤ちゃんを育てるために血液量が増え、分泌物の量も増えるので体温が高くなります。それで汗をかきやすくなるのです。人によってはホルモンバランスの変化の影響で毛深くなることもあるそうです。

 

このようなことから、妊娠中は体臭が強くなると言われているのでしょうが、現実には、妊婦さん本人が気にするほど体臭は強くないことが多いのです。妊娠するとにおいに敏感になる人が多いので、自分の体臭も必要以上に気になってしまうのでしょう。

 

つわり等でにおいに敏感な時期は、不快なにおいは避けた方が良いでしょうが、妊娠中だからと言って、体臭については特に気にすることはないと思います。
普段のように毎日お風呂に入ってからだを清潔に保っていれば、特別な体臭対策など必要ないと思います。
妊娠中は、色々な意味で敏感な時期ですので、何事においてもあまり気にしないのが一番だと思います。