妊娠中に体臭が強くなったり臭いが変わったりするのはなぜ?

妊娠中は誰でもホルモンバランスが変化するため様々な症状が起きます。
人それぞれですが、中には体臭の変化が現れることもあります。
まず妊婦さんは、新陳代謝が活発になり汗をかくことが多くなるのも原因のひとつです。便秘になりやすく、トイレも近くなります。
ほとんどの方が今までとまったく違った体質になってしまうので、その変化に驚く方も多いと思います。ですから妊婦さんがなりやすい症状を知っておくことで、それを受け入れれば、気分的に落ち込んだりせずにいられると思います。

 

妊娠中に体臭変わるのはなぜ?

個人差はありますが、妊娠後期から体臭が気になる人が増えるといわれています。通常よりも体温が高くなるため汗をかきやすく、細菌と混じり合うことで普段よりも体臭が強くなるようです。体質によっては汗をかき、脂っぽくなってしまう人もいます。

 

妊娠初期に現れる体臭の変化

妊娠中は口内細菌が増えることもあり、口臭が臭う人もいます。また初期の段階ではつわりの症状が出やすいため、胃液などの臭いも関係してくると思います。また臭いにもかなり敏感になり、ちょっとしたことで自分がものすごく臭いのではないかと思い込んでしまう人もいるようです。
ホルモンバランスが崩れ、嗅覚が何倍も鋭くなる人は多く、ある一定の期間はどんな臭いを嗅いでも気持ちが悪くなったりする場合もあります。

 

またおりものも出やすくなる人もいます。常に下着を清潔にすることで雑菌を増やさないようにすることも大切です。体調が悪くなれば、歯磨きや入浴も億劫になることもあります。家族の理解もあれば気持ちも楽になりますし、ストレスも緩和するでしょう。
だんなさんが体臭に気付いた場合は、優しくフォローしてあげることも必要だと思います。

 

妊娠中は脇汗も増加する

ワキガっぽい嫌な臭いを発する人も中にはいます。通常よりも大量の汗をかいた場合、腋の下にあるエクリン汗腺から出た汗が広範囲に広がるとワキガ臭になってしまい、急にワキガになってしまったのではと思う人もいるようです。

 

しかしホルモンバランスの影響もあるため、深刻に考え過ぎないようにしましょう。毎日お風呂に入って清潔に衣類を替えていればそれほどひどい悪臭はしません。体調が悪い場合でも汗をかいた時はこまめに下着などを替えることで細菌や雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。神経質になり過ぎるのもよくありませんので、今だけは少し我慢してまた元に戻ると思って明るく前向きに考えることも大切ですね。