脇汗を改善するのにオドレミンってご存じですか?

オドレミンという商品がある事をここで初めて知ったって人もいると思うので、オドレミンについてわかりやすく説明するところから始めますね。私も一緒に勉強しながら進めていこうと思ってます(笑)

 

オドレミンとは、皮膚科などで使われる塩化アルミニウムが入った無臭の制汗・防臭剤です。病院で処方して貰う事もできますし、薬局でも取り扱いがあれば購入する事ができます。どちらかと言うと、何件も薬局を回って探す思いを考えたら病院で処方して貰った方が簡単で、保険も効くので安く手に入るでしょうね。

 

次に効果ですが、付けてすぐに乾くという速乾性があり、液体も無臭で効果も長時間持続するみたいです。臭いも抑えられるようで、脇汗に悩まされてきた人にとっては特効薬とも言えるのではないでしょうか。服に色がついたりする事もなく、着たい服も着れるのでオシャレに我慢しなくてもよくなります。使っている人はリピ買いしているみたいですね。

 

ですが、正しい使い方をしないと効果が得られないという報告も多く、きちんとした使い方をしなければダメみたいです。かと言って使い方が難しい訳ではなく、入浴後などの清潔で乾燥している状態の脇にしっかりと塗り込めばOKです。

 

「指で塗るのが面倒」って人もいるみたいですが、色々な制汗剤を1日に何回も使ってきた私にとっては1度塗るだけでいいならそんな手間は全然気になりません(笑)膜が張られたようなフィルムを触っているような感じになればいいんですね。

 

身体に良くないと言われる理由についてですが、持病が関係しているみたいなんですね。オドレミンは病院で処方されるくらいの薬ですから、結構皮膚に対しての刺激が強いため、元々皮膚が弱い人やアトピー体質の人が使用するとかぶれたりなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるようです。

 

自分のかく汗との相性もあるみたいなので、使ってみて少しでも違和感や体調の変化を感じた場合は使用を中止するか、かかりつけの病院で相談してみた方がいいかも知れません。

 

せっかくの脇汗対策グッズです。正しい使い方をマスターしてこれからの季節でフル活用しましょう^^