体臭の元、ワキ汗の臭いの原因に食生活が強く関係しているようです。

野菜サラダを食べる女性

脇の下の匂いって強烈ですよね。どうして脇の下に汗をかくと臭ってくるのでしょうか?人によっては異様なほどの悪臭を放ったりするものです。

 

みなさんは脇汗が臭う原因を知っていますか?
少しでも臭う原因を知る事で嫌な匂いとおさらばできるかもしれません。

 

まず汗というものは、どこの部位から出てもそれ自体に匂いはありません。
脇の下の汗だけが特に臭ってしまうのは雑菌や細菌が繁殖しやすい場所にあるからです。
汗を放っておくと皮脂と混ざり合い、さらに一定の温度が保たれていると雑菌がどんどん繁殖してしまいます。
そうすることによって、匂いが発生して鼻にツンとくる嫌な臭いを漂わせるのです。

 

また着ている衣服にも問題がある場合があります。通気性が悪い素材のものや窮屈な服、清潔でない汚れた服によっても雑菌を増やす要因となります。夏場は特に汗をかきやすいので、とにかく通気性がいいものを着ているのが無難です。脇をずっと締めているとムレやすくもなりますので、あまり同じ姿勢でいるのもよくありません。

 

遺伝で脇汗の匂いが出ることもあるとは言われていますが、実は食べ物からきているという説は有力です。日本人にはあまり合わないといわれている動物性脂肪食品、乳製品、刺激が強い激辛の香辛料なども影響を与えます。

 

そして欧米人はほとんどが肉食なため、体臭もきつく脇汗の匂いも特有の臭いがする人が多いそうです。統計的には八割位の欧米人が臭うそうです。
ですから欧米食、主に肉食ばかりの家庭で育っていれば体臭がきつくなるのは否めません。親が肉ばかり食べていれば子供も食べるのは当たり前ですからね。
肉ばかり食べ続けていれば体臭の悩みはつきものなのです。なぜ自分だけが臭うのだろうかと悩んでいる人は食生活が原因になっているといえるでしょう。

 

また極度のストレスや緊張、興奮から汗をかき、臭いがしてしまう場合もあります。本人は気付かなくても精神的に弱いとストレスを感じる時にはいつも脇に汗をかいていることもあります。ストレス社会に生きていれば常に冷や汗をかくことも多いことと思います。日頃から汗をかくことが習慣化していれば脇も臭ってしまうことも考えられますね。

 

他に肌を清潔に保っていなければ臭いの原因になります。臭いの元を断つような殺菌作用のあるボディシャンプーなどを使って洗い、汗をかいたらシートでふき取るなどして、特に汗のかきやすい夏場は綺麗に肌を保つようにする必要があります。それは皮脂と雑菌が混ざり合って臭いが発生するためです。以上の事が臭いの発生源となっていることが考えられるので気を付けるといいですね。