最終的な脇汗対策の手段、手術について考えてみる

ワキガ治療手術病院

脇汗に悩んでいるからと言って、すぐに手術という選択肢しかない訳ではありません。病院を受診して軟膏を処方され塗ったり、継続的な内服薬という方法もありますが、どちらも止めてしまうとまた元に戻るという結末が待っています。手術をためらう人や、根気強く継続していける人にとってはいい方法と言えますけどね。

 

脇汗治療のための手術で代表的なものが「ETS手術」です。簡単に言うと神経を切断して汗を出ないようにさせる手術です。

 

日帰り手術も可能で、通常の病院を受診して保険適応の場合と、美容外科などの自由診療で全額負担の場合があります。金額的には保険適応で5万円前後くらい、自由診療で10〜25万円程度と言われていますね。やってみたいと思う人が多くて当然かも知れないですよね。

 

どちらがいいのかと言うと、保険適応は通常の手術となりますが、美容外科で行われる手術は創部が目立たないように考慮してくれる場合が多いので金額は高くても人気と言われています。

 

効果の面で話を進めていきますが、私の友達で実際に手術を受けた人がいたのでリアルな話を聞いてみました。まず、女性としては「少し傷が残るのがネックだった」と言っていました。ほとんど目立たず気にするのは自分だけですが、やっぱり身体に傷をつけるという意味では思い留まる人も中にはいるみたいですね。ちなみに私の友達は「お金はかかっても傷を残したくない」と美容外科での手術を決めたそうです。

 

次に「効果は手術をしてみないとわからない」という事です。私の友達の場合は手術が成功して今となっては「全く脇汗が気にならなくなった」と言っていますが、中には「手術前に比べて汗の量は減った気はするけど、汗が出なくなった訳ではない」という人もいるって事です。

 

デリケートな悩みと言う事もあって1ヶ所だけのDrの判断で決めてしまうよりは複数の病院やクリニックを受診して様々な意見を参考にしてから決めるという手もあります。焦ってもいい事はありません。焦らずゆっくり決めて下さいね^^