体臭は普段あなたが口にしている食べ物と大いに関係があります。

 

体臭のもとになるものは動物性脂肪や動物性タンパク質などで、大腸まで送られたタンパク質は細菌によって分解され、腐敗してさまざまなにおい物質を作り出します。
肉類(動物性タンパク質や脂肪)や乳製品(バター、チーズなど)はにおいのもとになりやすいので、出来れば控えるようにして、食物繊維はにおいの元となる物質を排出してくれるので意識して摂るようにすると良いでしょう。
食物繊維は腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるので、悪玉菌の働きを抑制することになり、タンパク質の腐敗が予防出来、におい物質が作られるのを抑制する効果があります。
善玉菌は、ゴボウ、玉ねぎ、大豆などに多く含まれる「オリゴ糖」も栄養分としています。これらは食物繊維も多く含んでいるので、食物繊維とオリゴ糖とがセットで摂れる食品として、とても良い食材です。

 

体臭を消すサプリメントとしては、キャンディーやガムやお茶など、いろいろなものが市販されていますね。最近では、「体臭がバラの香りになる」というサプリメントまで出てきています。

 

また、体臭の一つである口臭には、梅干しが効果的です。梅干しには強い殺菌作用があります。梅干しが持つ殺菌効果と、梅干しによって分泌された唾液のこの両方の作用が合わさって、口臭が抑えられるのです。
また梅干しに含まれるクエン酸は、体臭にも効果があります。

 

重曹は、水に溶かして体臭の気になる部分に塗ると、においの元となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

また、重曹と同じように昔から食材として使われているものにミョウバンがあります。
ミョウバンは水に溶けると酸性になるので、ミョウバン水で拭くことによって皮膚表面を酸性にし、雑菌の繁殖を抑えることができるのです。

 

また、汗のにおいにはアンモニアが大きく関わっているのですが、アンモニアはアルカリ性のにおい成分なので、ミョウバン水の酸性と中和し、汗臭さを抑えるのに高い効果があります。

 

また、お風呂にコップ半分ほどのお酢を入れると、お酢の殺菌効果で体臭予防になります。
また、お酢は肌を弱酸性に保ってくれますので、これも体臭予防に好都合な効果です。

 

病気やけがで入浴できない時などは、熱めのお湯の中にハーブの精油やレモン汁を数滴たらし、そこに浸したタオルで体を拭くと、ハーブやレモンの抗菌・消臭効果でからだがさっぱりとして、体臭予防により効果的ですし、香りの効果で気分もリフレッシュできます。