脇汗が多い人は、自分のことを多汗症だと思っていませんか?

まず、多汗症について知って貰いたいのですが、多汗症とは「体温の調節に必要な通常の範囲を超えて、発汗が以上に増加する事を指す症状である」とWikipediaには書いてあります。さすがWikipedia(笑)

 

多汗症の根本的な原因はまだわかっていない事もあるようですが、健康保険が適応されて治療できるところまできています。医療機関を受診すると簡単な問診があって、重症度を調べるところから始まるので、気になる人は1度受診をオススメしますね。
自分が多汗症なのかだけでも知っておくと気持ち的にも楽だと思います。

 

「脇汗が他の人より多い気がする」と思っていても一概に多汗症とは言えず、日常生活に支障をきたすくらいの症状の人が治療しているようです。日常生活に支障をきたす例で言うと、いつも脇汗で服が濡れてしまい気持ち悪い・着替えを持ち歩かないとならないレベルとかでしょうね。

 

脇の多汗症に対して行われてる治療はと言うと、医療機関で塗り薬を処方して貰い定期的に患部に塗布する方法と、脇に直接注射する方法もあります。それでもいまいち効果を感じられない場合は内服薬という方法もあるようですね。

 

どちらにしても効果は半永久的なものではなく、継続して使用していかなければならないので、煩わしく思う人も中にはいるでしょう。私も「脇汗・多汗症を治したいけど、いちいち受診するのは面倒だなぁ」って思ってしまいます。

 

そんな人は重症度によって受けられない場合もありますが、手術という選択肢もあります。健康保険も使える手術もあるので、受診した先の病院に確認してみるといいかも知れません^^

 

ですが、脇汗を抑える手術と言っても神経を切ってしまう手術になるので、Drと良く相談してから決めなければなりません。自分の身体の事ですから判断を急がず、ゆっくり決めて行きましょうね。

 

ちなみに余談ですが、私も多汗症を疑って1度病院を受診した事があります。体質的なものや環境による原因も考えられるので、少し様子をみるように言われてから面倒になって受診していません。今はもう1度受診して塗り薬からでも初めてみたいと思っています。